ウイルスをもらわない|インフルエンザをしっかり対策しよう|未然にストップ

インフルエンザをしっかり対策しよう|未然にストップ

ウイルスをもらわない

女の人

感染力はかなり強い

寒い季節になると毎年必ず流行するインフルエンザは、高齢者や小さな子供、妊婦さんがなると重症化したりお腹の胎児に影響が出ることがあるのでできるだけ感染しないように学校や会社で気を付けるだけでなく、家庭内でもしっかりと対策をとっていきましょう。とても感染力の強いインフルエンザの感染を絶対に防げる方法はありません。ですが適切なインフルエンザを予防する対策をとっていくことで学校や会社など大人数で生活する場所で流行しても感染しない可能性が高くなります。特に寒く外気が乾燥している季節に発症することが多いインフルエンザも、予防や対策をしっかりと行うことで感染する可能性が低くなるので自分だけでなくウイルスを自宅に持ち込まないように家族で取り組みましょう。

マスクは必ず必要

インフルエンザの感染力が強いのは飛沫感染と接触感染の二つの感染方法があるからです。感染者のくしゃみや咳から出たウイルスを吸い込む飛沫感染と、感染者が咳やくしゃみなどを手で押さえそのまま触れた物に触り口や鼻からウイルスが入り込む粘膜感染がありますが、どちらも対策をしっかりと行うことで感染を防ぐことができます。まずインフルエンザが流行しているときには、自分が感染しないように必ずマスクをつけましょう。これだけでもウイルスが体に入ることを阻止することができます。そしてしっかりと時間をかけて手を洗い、こまめにうがいをしてインフルエンザウイルスが体に入ることを防ぎましょう。また、寒い季節は乾燥しやすく湿度が少ない部屋ではウイルスが飛びやすくなるので、加湿器などを利用して部屋の湿度を保ちましょう。体が疲れていたり栄養不足になることで免疫力が下がり病気に感染しやすくなります。栄養がある食べ物をよく食べ睡眠を十分にとるだけでも体の免疫力はあがり、インフルエンザに感染しにくくなります。

このエントリーをはてなブックマークに追加