ウイルスに負けないケア|インフルエンザをしっかり対策しよう|未然にストップ

インフルエンザをしっかり対策しよう|未然にストップ

ウイルスに負けないケア

ウィルス

お茶や茶粥で策をねる

重い風邪はインフルエンザとの見極めが難しいこともあって、特に子供や高齢者は病気そのものの対策が必要です。風邪の場合の咳や鼻水は軽いですが、インフルエンザの場合には沢山出るため、喉や鼻にもつらい症状が現れます。対策として、水分補給も同時に行える緑茶でのうがいが風邪予防などをバックアップし、さらに粘膜を保護してくれます。緑茶に含まれるカテキンに抗菌作用があり、抗ウイルス作用のディフェンシンと呼ばれる物質も産生されてウイルスを跳ね返す力をサポートします。緑茶でうがいするだけに留まらず、飲むことや食べることでも対策が期待できます。茶粥は特に人気が高く、食事から健康体に結び付けられます。カテキンそのものが病気対策にはうってつけで、うがいができない環境でも有効的ですし、紅茶も同じく効果が期待できます。

ウイルスをガード

まずは敵を知り、負けない体を作ることがインフルエンザの対策、また、風邪などの病気対策に結び付きます。38度以上の発熱や頭痛、関節痛なども強く現れるのが流行性感冒の特徴で、高齢者や妊婦などは肺炎などを引き起こす可能性があります。そのため、重症化させないための対策は必須です。飛沫感染するために活用するのがマスクで、感染した人の対策にはもちろん、ひきやすい人の予防に適しています。選び方にもポイントがあって、ウイルスは鼻や口から侵入するため、繊維や構造上の隙間に着目することも重要な点です。ウイルスは0・1μmと微細なサイズで侵入しやすいのが特徴ですが、全く効果が期待できない訳ではないことも知っておきたい点です。インフルエンザA型・B型、関係なく有効なのもマスクの装着の特徴的なメリットで、鼻や口の湿度を保ち、乾燥による粘膜の免疫をサポートしてくれます。特殊フィルターなどのマスクも市販されており、日頃から身に付けられるデザイン性にも配慮され、予防や拡散させない方法として評価できます。

このエントリーをはてなブックマークに追加