インフルエンザをしっかり対策しよう|未然にストップ

寒くて乾燥した季節は注意

細菌

予防を習慣にする

インフルエンザは潜伏期間を経て急激に体調が悪化する特徴をもっています。高熱、頭痛、倦怠感、悪寒、関節痛などの症状があり、38℃以上の熱があらわれます。インフルエンザは感染力が非常に強く、クシャミや咳など飛沫感染をします。人に簡単に感染する事から流行した学校では学級閉鎖などといったことになります。普通の風邪では熱や咳などといった症状はでますが、比較的症状が軽く済む場合がほとんどになります。しかし、インフルエンザの場合では高熱になる事が多く、全身に症状があらわれます。抵抗力や体力のない人ではインフルエンザ脳症などの合併症を起こすこともあり注意が必要です。インフルエンザはA型とB型があり流行の季節になったら基本的な対策は重要です。

免疫力を高める工夫

インフルエンザの対策は手洗い、うがい、マスクの着用、予防接種、免疫力を高めることが基本の対策になります。流行の季節になったらこれらを習慣とすることが大事になります。インフルエンザにかかってしまったら早めの受診が必要です。インフルエンザの薬を処方してもらい、安静に過ごすことが効果的になります。脱水症状にならない為の水分補給はこまめに行いましょう。抗インフルエンザ薬は発症から48時間以内で服用するとウィルスの増殖や症状の悪化を防ぐ効果があります。また、解熱剤の使用は使ってよいものが決まっているので処方された以外のものは控えましょう。対策ではなるべく人の多い場所は避ける事、湿度を保つ工夫と手洗いやうがいなどの習慣になります。

考える女性

体調管理が一番

インフルエンザ対策として、まずは手軽に行える手洗い、うがいを行いましょう。通勤電車でマスクを着用し、ウィルスを避けることも有効な対策です。ただし、何と言っても一番は心身共に健康でいられるように体調管理することが大切です。

女の人

ウイルスをもらわない

発症すると辛いインフルエンザはできるだけ感染しないように日頃から対策をしましょう。学校や会社など人が多いところでは感染率も上がるので、必ずマスクを着用してウイルスを阻止しましょう。100%防ぐことはできないインフルエンザの感染も生活する中でウイルスをもらわないよう気を付けることが何より大切です。

ウィルス

ウイルスに負けないケア

インフルエンザなどをひきやすいのは、体の免疫力が低下している時です。しかし、ひきやすい体であるならば、対策次第で負けない体づくりが期待できます。手洗いやうがい、マスクなど、基本となることを怠らないことが何より重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加